熟女との会話は基本的に聞き役でいい

いつの時代にしても、話の内容が面白い人はモテる可能性が高いです。
しかし、ナンパ師のようにすらすらと話の内容が出てくるというわけではないでしょう。口下手な人はしゃべれる人に比べると不利になる場面が多いです。
しかし、熟女を相手にする場合は必ずしも話上手である必要はないです。

基本的には聞き役に徹すればいい

人妻と話す時にこちらから話題を提供できればそれが一番いいわけですが、それができないということもあるでしょう。
その場合は、自分が話のきっかけを作りつつも、うまい具合に熟女に話をさせるようにすればいいでしょう。
熟女に話をさせればこちらはどんどん聞いてあげればいいです。聞くときには適当に聞き入れるのではなく、きちんとうなづいたりしてちゃんと聞いているという姿勢を見せます。

人妻は日々の生活の中に不満を持っている人が多いです。
不満を持っている熟女は夫に聞いてほしいと思うのですが、なかなか忙しくて聞いてもらえないという現状があります。
そういう場合に夫の不満や子育ての悩み、嫁姑問題などを聞いてあげることで好感度が増します。

最初は話のきっかけを作る

いきなり熟女と出会って話をしてくれるというわけではないでしょう。
お互い緊張をしているでしょうから、アイスブレイクとしてあいさつから始めて軽く世間話を入れながら打ち解けあうようにします。
最初は自分から話のきっかけを作ります。ある程度離しているとこちらを信頼してくれて、熟女の方から話し始めます。そうなったらこちらのものです。

口下手な男性は最初だけは話題を提供するなどしてしっかり頑張ってみてください。最初だけどうにかすればあとは何とかなるものです。

最初はきっかけを作り、あとは聞き役になればいい

熟女と出会って会話をする際に、最初は男性側がしっかりと話をリードすることで緊張をほぐしてあげることが大切で、こちらのことを信頼できるのであれば熟女の方から話をしてくれます。
話をしてくれればこちらはしっかりと耳を傾けましょう。



熟女との会話に困った時のネタ作り

熟女のほうが男性にあれこれと質問をしてくれるなど、話題をいろいろ提供してくれるのであればいいのですが、会話の引き出しが少なかったり、話下手という人もいるのではないでしょうか。
そういう時は男性の方から話題を作っていかなければいけないです。
ここでは、話題を作る時に参考になるネタ作りについて伝授させていただきます。

定番ネタでつかむ

最初のつかみとして、定番ネタを入れるというやり方があります。
困った時には定番のネタがいいという風に言われていますので、そこからキーとなる話題を探してみるのもいいのではないでしょうか。
定番ネタとは、天気や季節など誰でも応えられるようなネタのことです。
いきなり本題に行くのも相手にとっては抵抗があるので、定番ネタで緊張をほぐすということです。

季節ネタとは暑い寒いということから、ハロウィンやクリスマス、花粉症、夏休み、お節料理、ゴールデンウィークなどの季節に関することについての話題です。
天気ネタとは今日は雨だったねとか3日間雨が続くね、1週間晴れが続くねなどの天気にまつわる話題です。

占いネタは女性の食いつきがいい

朝の情報番組には、必ずと言っていいほど占いコーナーがあったりします。
占いを信じている人や信じていない人それぞれいるわけですが、順位が下よりは上に合ったほうが嬉しいと思うものです。
下位だったという報告よりは、上位だったという報告のほうが喜ばれるかもしれません。

その他参考になる話題は

参考になる話題としては趣味や仕事、異性のタイプ、休日の過ごし方、元彼(旦那)などがありますが、自分があまりしゃべりすぎずに聞き役になるようにし、話題を広げたり、自分から口火を切るということに努めた方がいいでしょう。

男性から話題を作れるようにする

熟女の中でもあまりしゃべるのが得意でなかったりする人がいます。
その場合は男性が話題を提供していく必要があります。
話題を提供するネタは天気や季節ネタのような定番から、占いや趣味、仕事というように聞きやすいものを選びましょう。



メールの返信のタイミングは基本的に相手に合わせる

出会い系サイトに登録したのであれば、出会う前にメールのやり取りを行います。
メールのやり取りを行う時には、メールを送信するタイミングに注意したほうがいいです。
返信するタイミングとしては、基本的に相手に合わせておくといいでしょう。
こちらのタイミングで送るのではなく、相手のタイミングに合わせることが重要です。

返信が早い熟女なら早く返信する

基本的に返信が早い熟女であれば、こちらも同じタイミングでなるべく早く返信するようにしましょう。
熟女の返信が早いということは、こちらのことを気に入っている可能性が高いです。もしかすると寂しがり屋かもしれませんので、その間を埋めるためにも早く返信してあげて下さい。

こちらに何も理由が無いにもかかわらず、返信が遅いとなるとその間を埋める必要が出てきますので、もしかすると相手に取られる可能性があります。
人気がある熟女ならば複数男性とメールのやり取りをしている可能性がありますので、なるべく素早く返信します。

返信が遅い熟女なら間隔をあけて長い文章を返信する

基本的に返信が遅めの熟女であれば、あまり急かすのは嫌がりますので、同じ間隔で送るようにしましょう。
こういう熟女は長文でしっかりとした文章を書いてくる傾向にありますので、同じような感じで文章を作っていくことをお勧めします。

メールできない時間帯をあらかじめ伝えておく

男性としてはいつでも熟女とメールのやり取りができるわけではないです。
メールのやり取りができない時間帯が分かっているのならば、その時間帯をあらかじめ伝えておきます。
前もって伝えておくことにより不要な心配をしなくて済み、安心することができます。

返信のタイミングは相手に合わせるのが鉄則

熟女とメールのやり取りを行う場合は、基本的に相手のタイミングと同じように返信するのが鉄則です。
しかし、仕事などによってメールができない時間帯があるかもしれませんが、その際は事前にそういう時間帯を伝えておきます。



メールのやり取りの際に撤退するべきポイント

せっかく出会い系サイトでメールのやり取りをしていたわけですが、どうしても会える可能性が低い場合は、この人とメールを辞めるなどの撤退を考える必要があります。
むしろ撤退をして新しい熟女を探したほうがまだいいです。
ここでは、熟女側がどういう行動に出た場合に撤退を考えた方がいいのかという基準をピックアップしていきますので、こういう状況が見られた場合に一度考えてみてください。

こちらに興味が無いのが分かる場合

メールのやり取りをしていてこちらにあまり興味が示しておらずに、どう考えても会える可能性が無いという場合は、時間の無駄ですので撤退するべきです。
出会える見込みがない場合はとっとと新しい熟女に出会ったほうがまだ生産的です。

メールのやり取りをしていて、どうも物足りないなあと感じることがあります。
それはこちらは一生懸命にメールを書いているにもかかわらず、相手から返ってくるメールは「そうですね」という感じのそっけない短文メールが多い場合です。
こういう場合はあまり興味が無いということでしょうから、撤退することを考えてもいいのではないでしょうか。

返信が遅い場合

今まできちんとメールのやり取りが続いてきたとしても、こちらの写メを送った途端にメールが来なくなる場合があります。
これは相手からするとこちらの顔が好みではないということでしょうから、この場合はとっとと見切りをつけて撤退するべきです。

メールの返信が毎回3日後ぐらいに来ることがあります。
その理由が納得いくものであればいいのですが、そうでなくいつも返信が遅いことが続くのであれば、他に相手がいる可能性がありますので撤退したほうがいいでしょう。

可能性が低いと分かったら早めに撤退するべき

熟女とのメールのやり取りをしていて、可能性がどう考えても低いなあという印象を受ける時があります。
こちらに興味が薄かったり、返信がとても遅い場合は感触があまり良くないと考えて、別の人を探したほうがまだましでしょう。