熟女との会話は基本的に聞き役でいい

いつの時代にしても、話の内容が面白い人はモテる可能性が高いです。
しかし、ナンパ師のようにすらすらと話の内容が出てくるというわけではないでしょう。口下手な人はしゃべれる人に比べると不利になる場面が多いです。
しかし、熟女を相手にする場合は必ずしも話上手である必要はないです。

基本的には聞き役に徹すればいい

人妻と話す時にこちらから話題を提供できればそれが一番いいわけですが、それができないということもあるでしょう。
その場合は、自分が話のきっかけを作りつつも、うまい具合に熟女に話をさせるようにすればいいでしょう。
熟女に話をさせればこちらはどんどん聞いてあげればいいです。聞くときには適当に聞き入れるのではなく、きちんとうなづいたりしてちゃんと聞いているという姿勢を見せます。

人妻は日々の生活の中に不満を持っている人が多いです。
不満を持っている熟女は夫に聞いてほしいと思うのですが、なかなか忙しくて聞いてもらえないという現状があります。
そういう場合に夫の不満や子育ての悩み、嫁姑問題などを聞いてあげることで好感度が増します。

最初は話のきっかけを作る

いきなり熟女と出会って話をしてくれるというわけではないでしょう。
お互い緊張をしているでしょうから、アイスブレイクとしてあいさつから始めて軽く世間話を入れながら打ち解けあうようにします。
最初は自分から話のきっかけを作ります。ある程度離しているとこちらを信頼してくれて、熟女の方から話し始めます。そうなったらこちらのものです。

口下手な男性は最初だけは話題を提供するなどしてしっかり頑張ってみてください。最初だけどうにかすればあとは何とかなるものです。

最初はきっかけを作り、あとは聞き役になればいい

熟女と出会って会話をする際に、最初は男性側がしっかりと話をリードすることで緊張をほぐしてあげることが大切で、こちらのことを信頼できるのであれば熟女の方から話をしてくれます。
話をしてくれればこちらはしっかりと耳を傾けましょう。

Filed Under 会話術

Comments

Comments are closed.